ロハスカフェARIAKE@武蔵野大学有明キャンパス

satsuki-5です。
武蔵野大学有明キャンパスにあるロハスカフェARIAKEに行ってきました。
こちらのカフェは一般の人も利用できる学食ということで、テレビで紹介していたので知りました。しかも子どもが遊べるスペースがあったり、土日祝日もオープンしているとのことで、お台場にお出かけついでに行ってみることにしました。

こんなに広い歩道はお台場ならではかも

この日はダイバーシティで買い物をした後、武蔵野大学有明キャンパスまで歩くことにしました。Googleマップによると徒歩19分ほどかかるようです。


パレットタウンを横切りまして

歩道をひたすら歩きます。

しばらくすると大学のキャンパスに到着。

りんかい線の国際展示場正門駅からなら徒歩7分のところにあります。

テラス席はワンちゃんもOKだそうです。

こちらのカフェは、体に優しく、美味しく自然をいただく、というのがコンセプトだそう。テーブルは間伐材を使って学生が制作しているなど、環境にも配慮したインテリアやオーガニックの食材を使ったメニューが特徴です。



みーたんは持参したお弁当を食べて、私はタコライスにドリンクバーをつけました。学食なので安いということはなく普通にカフェと同じレベル。ただドリンクバーは200円なのでお得です。

メニューはライスプレートとパスタ、ピザ、スイーツなど。スイーツはお手頃価格。
カフェの広報誌があるのも大きな特徴。中身は周辺施設の紹介など。


こちらがキッズスペースで、おもちゃが置いてあったり、壁が黒板になっていてチョークで落書きできるようになっています。
ランチして遊んで、お茶をして帰りました。この日は日曜日だからか空いていたのでゆっくりできました。

テレビの見た情報ですが、都内には(多分都外も)こういう学生以外も利用できる学食がいくつもあるようです。地域交流の場であったり、学生も関わって学食が作られているのはとってもいい取り組みだと思います。


ちなみに学生向けの学食スペースはこのカフェの一つ下のフロアにありました。この日は日曜なのでしまっていました。

この日行ったのはこちら


satsuki-5
育児中主婦、たまにデザイナー&ライター。 サイトの管理、執筆、更新をしています。 主にピーちゃんに関する記事、日々の暮らし、子どもに関する記事を更新しています。趣味はハンドメイド、ショートフィルム制作。 日課は食べログをみること。好物はパンとエスニック料理。 夫、みーたん(娘1歳)、白文鳥のピーちゃん(2歳)と暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA