赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界

管理人Sです。

7月某日、香霞・ヒロシ・管理人Sの3人で国立近代フィルムセンターの企画展、「赤松陽構造と映画タイトルデザインの世界」を観に行ってきました。

赤松陽構造さんはお父様と2代に渡る映画タイトルデザイナーでして
有名なところでは北野武のHANABIとかDollsとか。
最近だとアントキノイノチ、さよなら渓谷などなど。

香霞はどんな筆で書いているのか、筆以外だと何で書いているのか興味津々で熱心に一つ一つ見ていました。

毎回書き文字じゃなくて、パソコンの文字も使ったりするんですよ。
どれも映画の顔ともいえるもので、よく文字にあらわしているなあ〜と関心。
プロの仕事です。

残念ながら今週末までですが、お時間ありましたらぜひ京橋の国立近代フィルムセンターへ。

国立近代フィルムセンターのwebサイトはこちら

 

こちらポチッとお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

[ad#co-1]


satsuki-5
育児中主婦、たまにデザイナー&ライター。 サイトの管理、執筆、更新をしています。 主にピーちゃんに関する記事、日々の暮らし、子どもに関する記事を更新しています。趣味はハンドメイド、ショートフィルム制作。 日課は食べログをみること。好物はパンとエスニック料理。 夫、みーたん(娘1歳)、白文鳥のピーちゃん(2歳)と暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA