切り絵作家 アグネータ・フロックの世界展


satsuki-5です。
二子玉川の高島屋で開催中のアグネータ・フロックの世界展に行ってきました。

北欧・スウェーデンの切り絵作家で、元々はテキスタイル作家として活動していて、その後切り絵と出会い、切り絵作家となったそうです。北欧の自然や伝統的な物語をモチーフにした作品は独創的でファンタジー溢れる世界。
かわいくてユーモアがあって、見ていると思わず笑顔になるような作品でした。

img_7918
会場では切り絵の世界に入り込んだような写真が撮れます。
左が私、右は友達です。

会場では彼女の原点でもある織の作品や、未発表作品を含む切り絵の代表作を見ることができます。制作した年代の幅が広く、最も古い物でアグネータが9歳の頃の作品が展示されていました。こちらはディオールに宛てたファンレターのようなもので、ファッションイラストなのですが、もうこの時点で完成度が高過ぎてびっくりでした。ちなみに彼女は1941年生まれなので現在75歳。
img_7921
アグネータが子どもの頃父親の転勤のためエチオピア、タイで暮らしたことも、作品に少なからず影響を与えたようです。タイで暮らしていた時に日本人の家族と出会い、日本の文化に触れる機会があったことから、日本の和歌をテーマにした作品もありました。
展示は11月3日(木・祝) までやっています。

二子玉のカルフォルニア料理

展示を見た後はFARMSHOP 二子玉川 でランチしました。こちらは「農園からテーブルへ」をテーマにしたカルフォルニア料理のレストランです。
「農園からテーブルへ」とは”ローカル” “少量生産” “アルチザン(職人的な仕事)”へのこだわりからくるそうです。

img_7923
FARMSHOP外観
img_7925
店内は落ち着いた雰囲気で席は広々
farmshop
お料理は私にはちょい高めですがめっちゃくちゃ美味しい〜
パンとバターがテーマ

気になっていたパン屋ブレッド&バターファクトリー 二子玉川にも寄りました。
パンとバターをテーマにしたパン屋で店内には見たこともないようなたくさんの種類のバターが並んでいました。

img_7931
外観がおしゃれで素敵
img_7932
お店の奥でパンを焼き上げているのが見えました

夕方に行ったせいかパンは品薄でしたが、バゲットを買って帰りました。
外はパリッと、中はもっちりとしていてとっても美味しかったです。


satsuki-5
育児中主婦、たまにデザイナー&ライター。 サイトの管理、執筆、更新をしています。 主にピーちゃんに関する記事、日々の暮らし、子どもに関する記事を更新しています。趣味はハンドメイド、ショートフィルム制作。 日課は食べログをみること。好物はパンとエスニック料理。 夫、みーたん(娘1歳)、白文鳥のピーちゃん(2歳)と暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA