ママたちが非常事態!?NHKスペシャルの書籍化を読みました

satsuki-5です。
ママたちが非常事態!?最新科学で読み解くニッポンの子育てを読みました。

NHKスペシャルで最初に放送を見たのが2016年1月。私はその頃、産後5ヶ月くらいで、慣れないながらも一生懸命育児に向き合っている最中。
日本の子育て、しかも産後すぐのママを取り上げた番組は、まさにタイムリーで、興味深いものでした。
母親が育児の責任を負うのが当たり前というか、そういうものだと思っていたのですが、世界的に見ると、日本は突出してその傾向が強いというのを番組を通して知りました。加えて核家族化が進み、頼れる親もそばにいなくて、一人で育児に向き合う母親が多いとのこと。孤育て(こそだて)という言葉は、まさに現代の状況から生まれたのでしょう。
私自身もまさに当事者だったので、番組で登場した子育てに一人奮闘する母親たちを、自分のことのように思えてなりませんでした。

番組は放送後大変な反響があったそうで、2016年3月に早くも第二弾の放送がありました。
そちらは父親と母親の行動の違いを最新の科学で迫ったもので、こちらも書籍に収録されていて読むことができます。

育児にまつわる本といえばこちらの「保育園義務教育化」も大変興味深い内容で面白いのですが(私のレビューはこちら

リアリティーという点ではNHKスペシャルを書籍化したこちらの本がオススメで、私はとっても励みになりました。書籍は番組では入りきらなかった情報も追加されているので番組を見た人にもオススメです。


satsuki-5
育児中主婦、たまにデザイナー&ライター。 サイトの管理、執筆、更新をしています。 主にピーちゃんに関する記事、日々の暮らし、子どもに関する記事を更新しています。趣味はハンドメイド、ショートフィルム制作。 日課は食べログをみること。好物はパンとエスニック料理。 夫、みーたん(娘1歳)、白文鳥のピーちゃん(2歳)と暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA