子連れも安心!房総半島の道の駅、保田小学校に行ってきました

satsuki-5です。
名前の通り元は小学校で、廃校になった後改装して道の駅に生まれ変わったそうです。

校庭だった場所は駐車場になっている

保田小学校は千葉の鋸南町(きょなんまち)というところにあります。


実はマザー牧場に行くついでに寄ったくらいで、期待して行ったわけではなかったのですが、行って大正解!な場所でした。

体育館は巨大マルシェに


体育館は「きょなん楽市」という大きなマルシェになっています。
こちらのマルシェには鋸南町で採れた野菜やお花、南房総の名産を利用したお菓子などが売られていました。

マルシェの入り口付近にはお花や野菜の苗が売られている
一株60円!

私は野菜を買って帰りましたが、野菜はどれも採れたて新鮮!しかもリーズナブル!この日はスナップエンドウとかブロッコリーとか買って帰りました。買ったその日に食べましたがめっちゃくちゃ美味しかった😂

地元の野菜を使った食堂も

食堂やカフェが4箇所ありまして、どこも特徴があって美味しそうだったのですが、中でも里山食堂が気になりました。地元の野菜をふんだんに使ったおふくろの味で、メニューが保田小給食という演出も小学校ならでは。

カフェ金次郎ってのもありまして、こちらはバーガーとかソフトクリームとかいただけます。

金次郎像も元々あったのか?
キッズスペースも完備。しかも泊まれる!

マルシェと食堂の充実ぶりに感心していたら、キッズスペースと宿泊施設まであってびっくり。車移動はみーたんには少しストレスになるので、道の駅にこういう遊び場があると助かります。

早速ボールプールに入るみーたん
この壁には子どもがよじ登って遊べる

調べたらこちらの道の駅は買う・食べるだけでなく、都市交流施設としての機能も兼ね備えているようで、大部屋もあって研修や会議などにも使われているようです。
教室の雰囲気を極力残した客室や、宿泊客でなくても利用できる入浴施設もありました。

客室の教室で、5年2組
お風呂の前にはテラスもあります
縁側だってある

黒板とかランドセルを収納する棚とか、そこかしこに小学校だった名残もあり、懐かしい雰囲気に浸れる道の駅、保田小学校。房総半島を訪れる際にはぜひ訪れることをオススメしたいスポットです。おむつ替えスペースや授乳スペースもあるので、子連れには特にオススメです。
都市交流施設・道の駅 保田小学校

ランキングに参加しています!
ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ
にほんブログ村

 


satsuki-5
育児中主婦、たまにデザイナー&ライター。 サイトの管理、執筆、更新をしています。 主にピーちゃんに関する記事、日々の暮らし、子どもに関する記事を更新しています。趣味はハンドメイド、ショートフィルム制作。 日課は食べログをみること。好物はパンとエスニック料理。 夫、みーたん(娘1歳)、白文鳥のピーちゃん(2歳)と暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA